いぼ治療に必要なこととは【コンプレックス打破のための解決法】

レーザーでしっかり治そう

看護師

いぼが出来てしまうと出来る場所によっては目立ってしまいそれがコンプレックスになってしまう場合もあります。そんないぼの治療なら美容整形外科でのレーザー治療がおすすめです。広範囲を短時間で行うことが出来るのでおすすめです。

詳しく見る

老け顔の原因を除去

顔に触れる女性

加齢によるいぼは、老け顔になってしまいます。しかし、美容整形外科で簡単に除去することができます。レーザーと切除の2つの方法による治療があり、小さいものであればレーザーがおすすめです。保険適用外ですが1万円以下で手術が可能です。

詳しく見る

美容施術で悩みを解消

女医

ある日突然気がつく、身体にできた異物は人によって耐え難い苦痛です。いぼの治療はそれらを取り除いて明るい人生を歩くきっかけとなります。億劫がらずに自分に最適な病院、クリニックを見つけて笑顔を取り戻して下さい。

詳しく見る

納得できる術を受ける

カウンセリング

いぼの治療は、整形外科でも美容外科でも、医療機関であるために、手術が施されます。キレイに仕上げるだけではなく、健康面でのリスクを避けるためにも、クリニックの選び方、手術について、納得するまで話し合ってから手術に踏み切ることが大事です。

詳しく見る

効果が期待できる治療

医者

いぼは皮膚にウイルスが侵入することで発生し、放置すると悪化する恐れがあります。美容外科での治療は、最も確実で効果的であると言われています。また、いぼが悪性であるかどうかの検査も行われているので、早期的な治療に繋がりやすくなっています。

詳しく見る

電気凝固法に注目です

下着姿の女性

免疫力を下げない事が大切

加齢が原因であらわれる老人性疣贅や擦ってけがをしやすい手足に多くあらわれる尋常性疣贅など、いろんな種類のいぼがあります。ウイルスが原因でできるいぼもあり、感染経路を知り、予防や治療を早めに進める事が必要です。ヒトパピローマウイルスが、小さな傷口から侵入することで、いぼとなってあらわれることがあり、百種類以上のウイルスがあります。ウイルスに感染した場合でも、ほとんどが自然治癒する良性のものですが、悪性のものが見つかる可能性もあるため、早めに専門医に診てもらい、治療をする事をおすすめします。免疫力が下がってしまうと、肌もダメージを受けやすくなるため、食事と睡眠に気を付け、規則正しい生活を送る事がいぼを予防するために重要です。紫外線も肌にダメージを与えるため、日焼け止めをぬったり、衣類で日差しから肌を守ったりするなど、外出前に皮膚を弱めないための対策が求められます。学校のプールで水イボが流行るケースもあり、子どもの体をチェックしながら、いぼができていないかを調べる事も大切です。小さないぼが顔にできた場合、コンプレックスに感じる方もいますし、ひげを剃る時にあたることを心配する方もいます。美容整形外科なら、目立たないように治療を行ってくれるだけではなく、肌のトラブルが起きないように症状に合った治療を提案してくれます。小さないぼは液体窒素を使う場合、イボ以外の正常な皮膚にも窒素が影響してしまい、炎症後色素沈着を起こす可能性もあるため、電気凝固法の治療に注目です。局所麻酔を行い、高周波の電気でイボを蒸散させて除去することができ、短時間で治療ができるメリットもあります。術後は、処置部位にテープを貼って保護し、洗顔をする時もテープを貼ったままの状態で構いません。自然にテープがはがれた時に、美容整形外科で替えのテープを用意してもらう事もできますし、テープを貼って生活する中で、自然にかさぶたが取れて、目立たなくなります。半年ほどで、色などの見た目も落ち着いてくるため、長期間様子を見る時は、安心して相談できる医師を見つける事が大切です。